道路建設要望


中濃・各務原・尾張北部連絡幹線道路協議会による岐阜県への要望が県庁議会棟において行われ地元県議会議員として参加しました。

関連する各務原市長、関市長、扶桑町長はじめ美濃市や犬山市、大口町、江南市からも参列されていました。

いわゆる関江南線の渋滞や愛岐大橋の老朽化などに伴う新路線を建設するための道路建設要望で20年近く続けられています。

私からは生活道路の渋滞の問題と橋の老朽化そして産業道路としてのストック効果の大きさなどを早期建設の要望理由として伝えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>