月別アーカイブ: 2017年3月

関ヶ原古戦場ビジターセンター


県議会企画委員会のメンバーに対して「関ヶ原古戦場ビジターセンター」にかかる説明会が行われました。

はじめに観光国際局観光企画課から計画概要が説明されてから、参加した議員から質問や提案する時間が持たれました。

各議員から機能や活用について色々な意見や提言がされましたが、私からは近隣圏や市町村との連携で広域観光の拠点になる様な施設にして欲しいと要望しました。

観光の拠点となる様な楽しみな施設ですが、歴史を学ぶライブラリー機能も備えてリピーターの多い学習の場となることも期待します。

 

中部国際空港拡充議員連盟


名古屋市で行われた東海三県一市議会中部国際空港拡充議員連盟合同会議に参加しました。

中部国際空港の拡充を図り地域全体の発展に寄与することを目的に活動する議員連盟の会議で150人近くの議員が参加していました。

中部国際空港株式会社代表取締役から「中部国際空港の現状と課題について」を聴講したあとで、空港の機能拡充のために取り組んでいく決議がなされました。

こうした機会に空港がない岐阜県としては道路をはじめとする空港へのアクセス向上を強く求めていくべきであると思います。

 

京都市の空き家 利活用施策


C9517031-FB9E-4FD3-AF09-C0BB74A308E6F05D3B10-30A9-48EA-A807-1B7A632CE6148A633FC1-09F6-4D02-830A-1B7F54E3FD63昨日の民泊施策に続いて今日も京都市役所で「空き家の利活用」について、市役所の担当者に加えて民間不動産関係業者の方々を含めてしっかり2時間の説明と質疑を行いました。

空き家対策についての産学官金の連携がしっかり取れていて、再建築不可の建物に対する融資制度や不動産業者による空き家相談員制度、学生による空き家や地域コミュニティー調査など大変興味深い取り組みがたくさんありました。

民泊施策も空き家対策の双方とも「京町家」と「地域のコミュニティー」をキーワードに、条例や民間との協働そして行政が伝統や文化を大切にしながら推進している京都独自の方式だと思いました。

しかしながらいずれの施策も「相談・情報収集・検証研究・民間との連携・施策推進」というスキームがしっかりと構築されていて、京都市行政から学ぶべきものが多くてこの2日間の視察は私にとって刺激的でした。

 

京町家での民泊


7901D7E2-6660-47AC-9477-E253B0E6D683B8C83A98-5150-4C3F-AF96-ADD6F749E237京都市役所でこの二日間「民泊の現状と課題」「空き家対策、町家再担当の部署の方々からお話を聞くために京都に宿泊して滞在しています。

宿泊は祇園近くの京民家をリフォームした一軒家に仲間5人と泊まりましたが、夜は外食そして朝はコンビニで購入してという感じで民泊を体験しました。

実際に体験してみると近隣住民とのトラブルの可能性や安全安心の確保の難しさなどの市役所から説明を受けた課題を実感しましたが、経済性や利便性そして観光客受け入れ増大の可能性などを体験を持って知ることが出来ました。

京都という日本で一番の観光都市での民泊は他の地域とは状況が異なると思いますが、民泊新法が国で検討されているところなので岐阜県としても民泊が観光施策に有効に活かされるように検討する必要があると思います。

 

京都市役所訪問


FA983759-3082-48EB-B38C-3FE3965F438BD778DD42-4A48-4087-8D39-4E9CAE5884E8県政自民クラブの有志で京都市役所を訪問して 、観光施策の推進にともなう宿泊施設不足と民泊の現状と課題についてお話を伺いました。

京都市役所の保健衛生推進室と観光MICE推進室のご担当からご説明を受けてから、質疑の時間をいただきました。

京都市の民泊に対する取り組みは先進的で、観光や保健衛生、建築や消防・警察など行政の連携と規制や指導は大変に勉強になりました。

国における民泊新法についても、地域ごとに違う考え方や観光の状況など意見が別れそうですが法的な規制は重要だということを学びました。

各務原市長との面談


3516332F-8C12-4257-B0B3-F1F89C38B9DC市議会会期中の多忙なところ各務原市長に時間をいただいて、各務原市関連の県の市年度予算や市の次年度施策などについて情報交換をしました。

私からは市内の県有施設の有効活用について、具体的にはテクノプラザのものづくり拠点化や県営住宅への移住定住施策などを提案しました。

市の施策については、工業団地の計画や体育館の建設に対する方向性、道路など基盤整備に関する取り組みなどについて聞かせていただきました。

午後からは美濃市の中濃総合庁舎で行われた公益財団法人岐阜県森林公社の理事会に参加しました。

宇宙飛行士報告会


7DFC1ACD-385B-4BB3-87B5-E20C2913C1E8F186C26E-3A84-440C-A47E-02A7A06C759Aお昼前後にシニアクラブの総会やお花見会が3件重なって、それぞれお伺いしながらご挨拶をさせていただきました。

岐阜市文化ホールで開催された「大西卓哉宇宙飛行士ミッション報告会」に参加して、開会前には県議会企画経済委員長としてJAXAの担当者やご本人に会う機会もいただきました。

会場にはたくさんの家族連れが参加していましたが、大西宇宙飛行士のお話を熱心に聴く姿を見て関心の高さを感じました。

今回の報告会はかかみがはら科学博物館のリニューアルにともなう事業ですが、JAXAの方々からリニューアルに対する期待の大きさをお聞きすることができました。

アスリートの県外流出


春の選抜甲子園大会が開催されて熱戦が繰り広げられており、今朝は少し時間があったのでテレビで観戦していました。

大阪代表の強豪校の2年生ながら主軸バッターとして活躍していた選手は、岐阜県高山出身で解説者からもかなり高い評価をいただいていました。

甲子園球児は注目を集めるので県外出身の選手の存在が目立ちますが、私が関わっているバドミントンの選手もジュニアで活躍選手の県外への流出が増えています。

岐阜県はスポーツに注力しているのだから、ジュニアから育成されたトップアスリートが岐阜県で活躍できるような指導者の確保や環境の整備をすることが今後必要だと思います。

各種団体の理事会


各務原のテクノプラザで行われた公益財団法人岐阜県研究開発財団の理事会に県議会の企画経済委員長の当て職の理事として参加しました。

事業報告や来年度事業計画の説明を受けてから、産経センターや産業人材育成センター、総合人材確保センターなどの岐阜県外郭団体との連携や情報交換そして役割分担を明確にすることを要望しました。

成長雇用戦略が変更されたことを鑑みて、商工労働部管轄の諸機関の再編や体系化そして民間や学校関係との連携や相互情報交換の仕組みを見直す必要を感じています。

終了後に県庁で関ヶ原ビジターセンターについてのヒアリング、そのあと全国高校選抜ホッケー大会の開会式、夕刻からは自民党各務原支部の執行部会と議会が終わってホッとする間も無くバタバタした1日でしたね。

 

中小企業支援施策


22F7D6E5-89B2-4422-A289-8F6D7CD67BF028878D41-7FA5-4A13-A0CA-07CE52A69DFD先月24日から行われていた岐阜県議会平成29年第1回定例会が今日で閉会になり、企画経済委員長として付託された案件の結果と経過の報告をしました。

これで企画経済委員長としての役割もほぼ終わりですが、来年度予算での新規事業や拡充など中小企業支援がこの1年で大きく前進したことに満足しています。

2年前の改選時に一番の公約として掲げたのが中小企業支援と産業人材育成であり、そのために条例の発案や内容の検討などに大きく関わって条例施行されたことが具体的な施策に結びついてきました。

スポーツ条例の時もそうでしたが、議員発案条例というのは施策を進めるために大きな推進力となり、行政サイドに対しての具体的な提案や意見する良いきっかけになると感じています。