月別アーカイブ: 2016年11月

ビルメンテナンス協会


全国ビルメンテナンス協会の方々と平成30年に岐阜県で開催される予定の全国大会の件でお話をさせていただきました。
全国大会は例年東京で開催されていて、地方開催は岐阜が初めてのことで準備をしっかりする必要があるようです。
障害者就労支援や小学生の絵画コンクール、ボランティア清掃など岐阜県の協会には大変にご尽力をいただいています。
岐阜県は全国でもかなり先進的な取り組みをしているようで、全国協会の方々のお話は参考になることがたくさんありました。

アントレプレナー精神


昨夜は経営者の皆さんと食事をする機会がありましたが、そのなかに25歳で起業して現在32歳にして上場を目指している若い経営者とお話をすることができました。
先週別の会において大学教授お二人と談義した際に、「最近の学生は目標を持ってそれを目指している人が少ないのが教育において問題である」というお話が出ました。
確かに偏差値教育の歪みで「何をやりたいかよりどこに行けるか」というような進路選択が行われているように感じます。
昨夜お会いした若き経営者の25歳で起業するまでのプロセスと上場を目指して社員と共に頑張っているお話に大きな刺激を受けると共に、子供達にアントレプレナー精神を教育していく必要を感じました。

不動丘 後援会女性部


地元の不動丘の公民館で後援会女性部の方々にお集まりいただいて、県政報告をさせていただくとともにご意見を伺う機会を作っていただきました。
昼食を食べながら和気あいあいと話が盛り上がり、自治会の課題などの生の声をお聞きすることもできました。
私の住んでいる不動丘は昔は畑と田んぼばかりで50件に満たない町内でしたが、この30年ほどで350件を超える大きな町内になりました。
急激に大きくなった割には自治会活動や近隣ケア、シニアクラブの活動はしっかりしているので、住民の皆さんに感謝するとともにより良い町内を目指してお役にたてればと思います。

同志社校友会 岐阜支部


2年に一度開催されている同志社大学の校友会岐阜支部の総会と懇親会に理事として参加して来賓の接待をさせていただきました。
総会では事業報告と理事の選任などの議題が審議された後、内藤正典教授のイスラムを知ることで世界を知る」という講演を聴講しました。
同志社大学のチャペルで行われたアフガニスタンの和平会議の話やイスラムは約束を守り仁義を大切にすること、軍事力ではなく教育で和平を進めるなど体験に基づいた素晴らしい講演でした。
懇親会では同年代の方々をはじめ銀行時代の知り合い、妻の同級生など多くの方々とお会いできましたが最後まで居られず残念でした。

各務原養護学校


各務原市立各務原養護学校の創立30周年記念式典にお招きをいただき参列させていただきました。
数年前に就労支援に関しての協定をビルメンテナンス協会と締結する際に何度も学校を訪問したことを思い出します。
今日の式典においてもビルメンテナンス協会が感謝状を受けておられたので役に立てたことを喜ばしく思います。
来年度からは各務原特別支援学校と校名が変わるようですが、地域と連携した特別支援学校として素晴らしい学校になっていってほしいと思います。

まちづくりシンポジウム


6103e8ed-34db-4c2a-a00a-23bb57061d6a毎年この時期に各務原市中央図書館で行われている、まちづくりシンポジウム「みんなでつくる〜かかみがはらの風景〜」が開催されて来賓として参加させていただきました。
第一部は第6回各務原市都市景観賞の表彰式と受賞建物の講評や各務原市の景観行政に対する評価について30分ほどあって、第二部は神戸芸術工科大学の小浦久子教授の「景観に地域らしさをみつける」という講演を聴講しました。
「景観とは、そこに住む人々にとっては当たり前の風景を語ってみること、景観を語ることは地域の見方を考えること」というフレーズが印象的でしたが、いずれの大学教授も各務原市の景観行政に対する先進性と積極性を評価されていました。
桜回廊については全国的にも珍しく誇るべきということもお話があり、戦後間もなく祖父が町長として政治生命をかけて桜並木を復元した功績は改めて大きかったと感じました。
5ae3087a-0589-4433-acdf-69d6f15e8382e0bbeae9-edc1-44dd-b659-6d71c50c6328a65353f5-0c5d-4ca3-a79a-0cdc8bedf20ffe9460ad-2511-42a0-8b92-ae0fd0432693b9d4a105-90f8-4fdf-b4d3-62a3b3a49bf5
135d6c27-d1d7-4a03-9066-20a80b8bcf4d

12月県議会定例会に向けて


12月1日に開会する県議会の定例会に向けて、県庁において県政自民クラブ総会と政調会の質問予定者会議が開催されました。
クラブ総会においては、総務部長から補正予算関係」と「条例その他」に分けて提出議案について説明が行われました。
質問予定者会議においては企画経済委員長として「軽油取引税の課税免除措置の継続を求める意見書」について提出の趣旨説明をしました。
12月定例会の一般質問には登壇しないので少し余裕がありますが、県政報告新聞などやらなければならないことが多いので忙しい日々が続きます。

自民党の一日


img_2414自民党岐阜県連の政経文化パーティーが2000人ほどの参加者のもとで岐阜産業会館で開催されました。
国会議員の方々も皆さんも参加されて盛大なパーティーとなり、岐阜県の自民党の底力を感じました。
パーティー終了後は、青壮年部の勉強会で三原じゅん子参議院議員の講演を聴講しましたが、ガン対策に対する熱い想いと取り組みを感じました。
芸能人だった経歴もあり少し冷たさというか距離感を感じながらも、議員としての取り組み姿勢はとても勉強になりました。
img_2407img_2413

政務調査会


自民党岐阜県連において12月県議会に定例会に向けて政務調査会が開催され、企画経済委員長として参加しました。
平成28年第5回定例会の代表質問について説明を受けて、その内容についての意見交換が行われました。
また先日行われた来年度予算に対する要望について、各常任委員会ごとに取りまとめた要望事項について協議されました。
今回は委員長の欠席者が多かったのですが、この政調会は政権を失った時に改革プロジェクトの一環で定例会ごとに開催されるようになった経緯もあり最重要会議の一つと考えています。

政治家の笑顔


ddf329aa-4eef-4b29-a74f-a99b3dd694132b0e5c25-4f01-4d3b-a8f2-ce3603bdc992昨日の奈良薬師寺の晋山式で高市早苗総務大臣が雛壇で終始ニコニコしていた柔らかい表情の笑顔が非常に印象的でした。
日本の女性総理大臣候補の1人に野田聖子代議士らとともに挙げられていて、政策通で厳しい印象があっただけに意外な雰囲気でした。
二ヶ月前の麻生副総理の講演会においても仕草や笑顔がとても印象に残りましたが、政治家の立ち振る舞いや笑顔は非常に大切だと思います。
大物政治家のようにはなかなか行きませんが、しっかりと意識しながら毎日を過ごすように心掛けたいと思いました。