月別アーカイブ: 2014年11月

選挙対策会議


午前中は自民党岐阜県連で午後からは各務原支部の選挙対策会議が行われ、報告や指示事項が徹底されました。
第3選挙区の武藤先生の選対は、後援会組織がしっかりしてきたことや自民党の各務原支部が組織強化され前回よりもしっかりとした体制が整っていると感じます。
夕刻からひと足早い忘年会に二件お邪魔していろいろな方とお話ししましたが、選挙に対しては無関心さを感じざるを得ませんでした。
私の担当で12月9日に各務原文化ホールで決起大会を開催することになり、動員には苦戦しそうですが期日前投票の呼びかけとともに頑張ります。

同志社大学校友会岐阜支部総会


同志社大学校友会岐阜支部総会が行われ、京都からお見えになられた総長を岐阜羽島駅にお迎えにあがり会場まで車の中でお話をする機会をいただきました。
また来年の統一地方選挙を踏まえてご配慮をいただいて、総会の場でご挨拶の場をいただきました。
同世代の方々とテーブルを囲むことができて、久しぶりに会う方も含めていろいろなお話をすることができました。
総会終了後に理事会メンバーで反省会があり、その後同じホテルで開催された岐阜県バドミントン協会の常任理事会に参加しました。

選挙には行こう!


解散総選挙の告示がだんだんと迫ってきており、明日も自民党県連と各務原支部のそれぞれで選挙関連の会議が行われる予定になっています。
ここ数日かけて後援会の役員さんを訪問したり会議に参加していろいろな方々とお話をしても、選挙に対してたいへん冷ややかなご意見をいただくことが多いように感じます。
師走の選挙については前回も同じ条件なのですが、任期満了である程度準備と覚悟ができていた前回といきなりの解散選挙では運動員の方々の選挙に対する時間の融通も全く違ってきます。
多額の費用をかけて国民の皆さんの意思を問う選挙であり、少しでも関心を持っていただいて投票率が上がるように選挙戦に向けて頑張ります。

岐阜県中小企業団体中央会との懇談会


岐阜県中小企業団体中央会との懇談会が行われ、「中小企業の官公需確保を目指して」というテーマで、各組合からご要望を聞かせていただきました。
適正価格や分離発注、地域事情や人件費についての配慮など、業界ごとの実情が大変勉強になりました。
総務委員長として公契約や入札制度の見直しに取り組んでいることをお話しさせていただきました。
青年会議所時代の先輩や各務原市内の方など知っている方も多く、ざっくばらんにいろいろなお話もできました。

教育に対しての関心の高さ


昨日のブログとフェースブックに家庭教育条例の検討会のことを書き込みましたが、皆さんからの反響の多さに少しビックリするとともに、県議会として条例に取り組んで良かった感じています。
「いいね」の数やご意見は今までで最高に多かったし、いただいたご意見もはっきりとした意志が感じられる内容で、子どもを持っている皆さんの教育に対しての関心の高さを感じました。
検討会で「条例に取り上げられるくらい危機的な状況なのだと感じています。」とPTA関係の方がご意見されましたが、こうした反響は子どもを持つ親として私たちより下の世代の方々の危機感の表れであると感じます。
経済的な格差も大きな問題ですが、親として子供に対する愛情や想いそして責任の格差は子供にとってはより深刻な問題であると思います。

家庭教育支援条例 検討会


image家庭教育支援に関する条例検討会が、PTAや校長会、道徳教育振興会議の方々から条例の内容に対してご意見をいただくためにご参加いただいて県庁で開催されました。
「家庭におけるふれあいや対話そして相互理解の必要」「条例制定による学校現場への負担につながらないこと」「食育の向上や保護者の意識の格差拡大」などいろいろなご意見を聞かせていただき大変勉強になりました。
また条例の周知や気運の向上が大切であるという意見もあり、パンフレット作製や配布手法に工夫を凝らすことなど条例策定後も大きな課題があると感じました。
県のホームページ等で12月3日までパブリックコメントも実施されており、県民の皆さんからも貴重なご意見を沢山いただければと思います。

選挙対策会議


先日解散され12月の総選挙に向けて準備が始まり、岐阜県第3選挙区支部の選挙対策会議が開催されました。
昨日は岐阜県連の政経文化パーティが行われ、小選挙区の候補者がご挨拶をされましたがいよいよ始まるという感じがします。
県議会の開会中に行われる選挙となり、どんな選挙戦が展開されるのかイメージがまだ湧きませんが盛り上げるには苦労することが予想されます。
自民党がしっかり勝利して、景気の浮揚と地方の活性化が実現することを期待します。

政経文化パーティー


甘利経済再生大臣をお招きして自民党岐阜県連の政経文化パーティーが多数の支持者の参加のもと岐阜産業会館で行われました。
アベノミクスの現状とこれからの展開について「賃金が物価上昇を上回る景気回復」「閉塞感からの脱却と地方経済への取り組み」などわかりやすいキーワードで講演いただきました。
このあいだまでは来年の地方統一選を見据えた政経文化パーティーの開催趣旨でしたが、先日の解散を踏まえて衆議院選挙モードの大会になりました。
大義なき解散と言われていますが、大臣の講演や国会議員の方々のお話を聞いて選挙戦に向けて皆さんに何を訴えるべきか大変に勉強になりました。

山崎武司杯 宮城交流戦


例年よりも暖かく良い天気に恵まれて、第5回山崎武司杯の宮城交流戦の開会式が各務原市民球場で行われました。
宮城選抜の小学生と岐阜県を中心とした選抜チームの練習試合形式で行われ今年も宮城からたくさんの小学生がきていました。
大会役員の皆さんは自分のお子さんたちが野球をやっていたOBの親さんたちが多く、永年にわたって運営に携わっていただいていることに頭が下がります。
少子化の影響で野球少年の数が減少してきており、スポーツ少年団の存続が厳しくなっているようで組織改編の必要を感じます。

京都にて


昨日の伊丹市のポスター展でせっかく関西方面に出向いたので京都に宿泊して所用を済ますとともに久しぶりに京都の街を楽しみました。
母校である同志社大学を訪れたり、学生時代アルバイトをさせていただいたお肉屋さんを訪ねました。
昨夜は紅葉でライトアップされていることをニュースで知り、思わず高台寺に出かけて素晴らしい紅葉を楽しむこともできました。
久しぶりの京都は天気も良くて最高の1日でした。