月別アーカイブ: 2014年10月

山崎武司杯


小学生の軟式野球大会である山崎武司杯が数ヶ月にわたって試合が行われてきており、いよいよ12月7日に表彰式と野球教室が行われます。
私も大会役員の一員として加わっているのですがなかなか役に立てず役員の皆さんには申し訳ないのですが、今回グランドの手配を依頼され何とかお役に立てそうです。
山崎選手の日程が変更になったために表彰と野球教室の開催日が変更になって各務原市民球場が使えなくなったためにバックネットがあって100人を越える子どもたちの教室ができるグランドをということでした。
子どもたちにとっては貴重な体験ができる機会であり、岐阜信用金庫の岐南町のグランドを貸していただけることの内諾をいただきホッとしています。

飲食店チェーン


先日二日間の行程で横浜、鎌倉、江ノ島、小田原と観光した際に、食事するところを探しながら飲食店について話題になったことがありました。
地方都市の飲食店は全国チェーンの飲食店が増えすぎてどこの街に行っても代わり映えのしない店ばかりが駅前を陣取っていて町の個性がなくなったという意見がありました。
確かに回転寿司やファミレス、ファーストフーズや牛丼店などお値打ちに食べられるものの、町の個性と言う点では淋しくなったと言わざるを得ないと思います。
バブル以降デフレで価格競争が激化して個人経営の飲食店にとっては厳しい時代となり、さらに消費税増税は経営に影響が出てくると思うので頑張っていただきたいと思います。

保険の仕事


31歳のときに銀行を退職し損害保険会社で研修をしてから保険の代理店を県議会議員になっても自営業として営んできました。
議員になってからは当然のことながらお客さんに迷惑をかけてはいけないので、弟や従業員に手助けしてもらって営業しています。
最近は保険の契約内容も難しくなったことや合併によって事故処理も多様化してきて、今日も事故処理に対して弁護士の紹介依頼がありました。
金融機関の経営の効率化のために13あった都市銀行は3つのメガバンクになり保険会社も合併が続いており、顧客にとって利便性が向上しているとは考えにくくコンサルティング業務の重要性が高まっていると感じます。

鎌倉 江ノ島


image昨日から長年続いているかいの旅行で横浜に泊まって今日は鎌倉と江ノ島の観光をしました。
報國禅寺、建長寺、長谷寺そして国宝の大仏と鎌倉は見どころいっぱいでかなり歩き回りました。
大仏さんの写真をこどもに送ると、母さんが生きてた時に行きたがってたと返信、グッとくるものがありました。
江ノ島は初めてでしたが、お寺や神社もたくさんあってイメージとは全く違う観光地でした。

岐阜圏域要望


水産会館において岐阜圏域の市町の首長の方々から来年度予算に対しての要望を県議会議員がお伺いする会議がありました。
岐阜市、各務原市をはじめ6市3町の首長からの要望を順番に全て伺うのに1時間を要し、基盤整備をはじめ防災から教育まで多岐にわたる要望がありました。
各市町の要望を聞く中で、羽島市長から市町の競合より岐阜市を中心とした広域的な政策を考えるべき時代だという発言が印象的でした。
東海環状西回りが完成すれば岐阜圏域の環状道路の役割を果たせることを考えると今から意見交流をしっかりとしていくべきだと思います。

岐阜高校同窓会役員会


来年の6月に行われる岐阜高校同窓会総会の幹事を私たち57年卒と47年、平成4年卒の3学年で担当します。
今までにも数回の会議がありましたがいよいよキックオフという感じで午前中合同役員会が開催され、午後からは学年の役員の打ち合わせをしました。
動員の目標人数や協賛広告金の目標額を同級生で共有して、声を掛け合いながら半年以上かけて頑張らなければなりません。
あまり押し付けてもダメだしあまり遠慮していても動いていかないし、同級生の皆さんと頑張っていきたいと思います。

医療複合施設


午後から特定医療法人フェニックスが新たに建設された医療複合施設の竣工式に参加させていただきました。
来賓は医療関係者をはじめ各界の方々が招かれ、ごあいさつも多数の方がされて約一時間の式典の後で内覧会が始まりました。
五階建ての施設は素晴らしい眺望の屋上から1階まで、病院でありながらアートを感じるデザインと素晴らしい機能性でした。
総合クリニックや在宅支援クリニック、老人保健施設などの医療複合施設として地域医療の中心的な役割を果たしていただけることを期待します。

視察 最終日


3日間の静岡と山梨方面の視察、最終日は富士河口湖町役場で今年の冬の大雪災害について説明を受けました。
岐阜より雪の少ない山梨県での想定外の大雪災害は被害は少なかったものの、行政にとってかなりの課題を残した対応だったようです。
岐阜県で想定すると中濃や東濃地域で観測史上初という大雪に見舞われる状況ですが、災害対策として色々と学ぶべきことがありました。
3日間富士山あたりの施設や役所を視察しましたが、あいにくの天候で今日の昼食時に雲にかかった富士山が見れただけでした。
image

静岡から山梨へ


imageimage総務委員会の県外視察2日目、静岡県地震防災センターを訪問して静岡県の危機管理体制についてお伺いしました。
そのあとバスで移動して、陸上自衛隊北富士駐屯地を訪問して災害派遣についての説明を受けました。
昨年の山梨県の大雪災害に対しての説明は経験談も含め大変に参考になり、岐阜県でも想定しておくべき事項がありました。
岐阜基地以外の自衛隊基地は初めての訪問でしたが、災害派遣をはじめとする自衛官の活動に敬意を表したいと感じました。

image

image

県外視察


image総務委員会の県外視察で今日から3日間の行程で静岡、山梨方面に来ています。
御前崎市の中部電力浜岡原子力を訪れて、発電所内の視察をさせていただきました。
震災以降の安全対策に約3000億円の投資、その額は原子力発電を補填する火力発電の燃料代1年分と同じくらいということでした。
安全性や使用済み燃料の処理問題とコストの関係、私はやっぱりもっと地熱発電を推進すべきであると考えます。