月別アーカイブ: 2012年11月

公開討論会


昨夜岐阜県第3選挙区の公開討論会が青年会議所の主催で行われ、参加して3候補の政策理念について聞いてきました。
突然の解散で公開討論会開催の日程決定と案内が遅れた関係もあり、参加者は予想していたよりも疎らでした。
公開討論会が青年会議所によって開催されることは、候補者の理念を聞く機会を創出されるよい活動であると感じます。
過去にも何度か公開討論会の開催をしていますがいずれも参加者が少ないようで、それにめげずに今後も有権者の方々への発信を粘り強く続けて欲しいと思います。

妻からのメッセージ


妻が最後までお世話になった岐阜県総合医療センターの臨床心理士の方から、妻の生前家族に言いたかったことを綴った手紙が届きました。
死期を悟ったうえでの家族へ伝えたい想いが書かれてあり、私自身の悔いや案じていたことが少し解決できたような気がして手紙をいただけてありがたかったです。
結婚する時の約束を違えて政治家になったこと、病気の彼女に負担をかけたこと、闘病に対しての家族としての支えなどに対して、彼女が思っていたことがとてもよくわかりました。
臨床心理士の方が9月21日に面談した時のお話だそうですが、死を目前にしても家族に対しての思いやりがあふれている彼女の想いに改めて感謝です。

教育基本法


平成18年に改正された教育基本法について、条文や内容改正点を知りたいという支援者の方があり文科省のホームページからプリントアウトして差し上げました。
戦前の教育を受けられた方ですが、80歳を超えても学ぶ意識があることに感服します。
改正点をみてみると、「公共の精神を尊び」「伝統と文化の尊重」などという文言の追加や生涯学習の理念や大学、私立学校、家庭教育、幼児教育などの項目追加が行われています。
教育は百年の計ともいわれますが、自民党が政権を取り戻してこの基本法をしっかりと推進してほしいと思います。

県政自民クラブ クラブ総会


知事選挙に向けた対策会議が開かれた後、昼食時に県政自民クラブの総会が行われました。
12月定例会に上程される議案の説明とスポーツに関する条例の経過説明が行われました。
代表質問者の質問項目説明と一般質問に登壇を予定絵いている議員の確認が行われましたが、私は今回は登壇をしない予定です。
最近風邪が流行っているようなので、体調管理に気を付けなければと思います。

後援会役員会と県政報告会


後援会の役員さんに集まっていただき、県政報告をするとともに後援会の行事予定と選挙についてなどの議題を諮っていただきました。
急なご案内と雨が降ったにもかかわらず100名近くの役員さんがお集まりいただきました。
「久美さんいなくなって淋しいね、力落とさず頑張ってね、一生懸命応援するからね」とたくさんの方々から励ましをいただきました。
県政報告では、国体のお礼やスポーツに関する条例の経緯、障がい者就労支援や教育委員会との協定締結のこと、基盤整備の進捗状況、自民党改革を進めてきたことなどを皆さんにお話しさせていただきました。

特別養護老人ホーム 開所式


理事を務めさせていただいている社会福祉法人が運営する地域密着型特別養護老人ホーム「サフィールそはら」の建物が完成し開所式が行われました。
理事として謝辞を述べさせていただき、スローガンと運営方針を説明するとともに、参加された地域の皆さんに地域との連携を大切にしたいとお伝えしました。
その後同志社大学の岐阜県のOB会総会に参加して、同年代の方々と楽しい時間を過ごすことができました。
理事の一員ですが今回の総会の事前準備はほとんど協力することができず、先輩方が忙しく動いて見えたので申し訳なく感じました。

公園都市 各務原


各務原市は「公園都市」戦略が打ち出せれて久しいですが、街路樹のイチョウやカエデが色づいてとてもきれいな景色になっています。
沿道に住んでいる方々からは落ち葉の問題や枝が家にかかるという問題、桜については毛虫の苦情をいただいたりもします。
紅葉や花の満開のシーズンは短くメンテナンスのことを考えると批判の声もありますが、四季を感じて街の景観を楽しめる点では各務原市は素晴らしい街並みだと思います。
視察などでいろいろな街を訪れますが、各務原市は公園都市の戦略が成功していると実感します。

自民党岐阜県連政経文化パーティー


自由民主党岐阜県支部連合会の政経文化パーティーが、約2000人のご参加のもとで開催されました。
第25代自民党総裁の安倍晋三元総理が、壇上で「日本を取り戻す」経済・外交・経済・暮らしの安心を取り戻すために政権奪回の志を熱く語られました。
そのあと各務原において岐阜県第3選挙区支部の事務所開所式と安倍総裁の街頭演説が行われて司会を務めさせていただきました。
党車の上から1000人近くの参加者の表情を見ていて民主党への失望と自民党への期待を感じましたが、保守王国岐阜に恥じない結果を出せるように頑張らければと思います。

選挙モード


昼食を外食に出かけたときに知人と出会い選挙の話題になりました。
衆議院選挙もさることながら、2月の市議会議員選挙と4月の市長選挙に大きな7関心があられるようでした。
市議会議員選挙は新人候補がかなり立候補を予定しているようですし、市長選挙にも新人候補が立候補を表明しており激戦模様です。
いずれの選挙も将来の各務原市を大きく左右する大切な選挙となるので、市民の皆さんが関心を持ってしっかりとした選択をしていただきたいと思います。

妻の支え


解散総選挙が行われる関係でにわかにバタバタし始め、今日も選挙区支部の事務所開きや打ち合わせなどがありました。
事務所では何人もの方々から、「奥さんが亡くなられて間もないのに大変ですね」という声をかけていただきました。
彼女はガンとの闘病生活で苦しい体調の時でも私の2回の選挙を精一杯支えてきてくれて、できる限りの活動をしてくれていました。
選挙というのは本当にいろいろな方々の支えがあってこそ戦い抜けるのであって、家族にも大きな負担をかけていたことを改めて感じています。