月別アーカイブ: 2011年10月

県行政に対する意見


県職員と指定管理者である業者との贈収賄事件が発覚してから、いろいろな方々から指定管理制度のあり方や外郭団体について、県行政の業務委託発注のありかたについてご意見をいただきました。
裏金問題が何とか落ちつきかけた時期での事件発生で、県行政に対する批判は大きくなっているように感じます。
ご意見の中にはごもっともと思われることも多く、担当課に確認していることも少なくありません。
県行政の縦割り的な運営や外郭団体の見直し、指定管理制度のあり方など、改善すべき点をしっかりと指摘していきたいと思います。

麻生太郎元総理 来岐


自民党岐阜県連青年部局女性部の主催した講演会が、麻生太郎元総理を講師にお招きして瑞穂市で行われました。
千人以上収容出来る会場がいっぱいになり、会場外のモニターで聴かれる方がみえる程でした。
先月も麻生氏の講演を聴きましたが、経済の話を中心にわかりやすくて参加者が元気の出るようなお話をされました。
自民党岐阜県連のいろいろな活動が浸透して来ていると感じるし、今後ますます活発になるように頑張ります。

学校開放デー


各務原市のコミュニティーセンターで活動しているサークル発表会に午前と午後に2ヶ所参加させていただき、その合い間に母校である那加第二小学校の学校開放デーを見学させていただきました。
サークル発表会は、生涯学習として開設された色々な講座の作品やステージを皆さんに発表する機会で、各務原市の文化活動の礎になっており高齢化が懸念されますが、今後もますます盛んになって欲しいと思います。
母校の学校開放デーは、ボランティアの講師によって小学生に色々な体験ができるようにPTAによって企画されている事業で、自分の息子達が小学生の頃に妻が役員として苦労していたことを思い出しました。
来賓として参加している地元の方々と開会前にいろいろとお話をしながら、自分の地元の「地域力」の問題を感じとることができ、永年にわたる色々なヒズミを解消する必要を感じました。

ものづくり岐阜テクノフェアー2011


各務原市産業文化センターを中心として開催されている「ものづくり岐阜テクノフェアー2011 in かかみがはら」の会場を訪れて、出店されているブースを見学させていただきました。
この催しを各務原市で行うのは初めてとのことでしたが、設営や会場レイアウトなど既設の建物と仮説テントを利用して、うまく工夫して運営されているなあと感じました。
企業や教育研究関係、行政関係の110を越える出展者が各務原に集って開催できたことに感謝しながら、飲食ブースもかなりあることを含めて一般市民の方々がもっと訪れてほしいなぁと思いました。
市の幹部の方とお話しする機会があり、こうしたイベントを誘致するためにも市民会館に隣接する中央ライフデザインセンターを改修して多目的ホールと会議室の充実をしてはどうかと提案させていただきました。

産業振興政策


大学の先輩で民間企業を退職して岐阜県の「産業経済振興センター」で、中小企業のアドバイザーをしている方とお話しする機会がありました。
トヨタ系の企業に勤めた経験と現在岐阜県のものづくり支援に携わっている経験から色々なご意見をいただきました。
企業経営者の皆さんから「行政は現場を知らない」とお聞きすることが多いですが、もう少し県の産業振興政策を推進するに当たって、ヒアリングのみでなく現場で経験して実情を把握することが必要なのかもしれません。
厳しい経営環境で疲弊している中小零細企業がいかに活力を取り戻すかは岐阜県の将来にとって重要な課題であり、いち早く有効な産業振興施策が行われることが望まれています。

教育警察委員会 県外視察


3日間の広島県、岡山県を訪れた教育警察委員会の県外視察視察を終えて帰ります。
今月は山口県の国体の視察、神戸へのプライベートの旅行、今回の委員会視察と西日本へ行く機会が多かったです。
新幹線で京都以西に行くことがあまりなかったので、今回広島や岡山も遠く無いんだなぁと感じました。
明日からまた何かと予定があって忙しいので、体調に気をつけなければと思います。

障がい者就労施設


広島県にある障がい者就労施設の社会福祉法人を訪れ、施設概要や就労の現場を視察させて頂きました。
知的、身体、精神の3障がいの方々を受け入れている施設は国内唯一ということで、運営や企業としての成り立ちなど大変勉強になりました。
障がい者の方々の就労支援は大きな課題であり、岐阜県でもこうした施設を立ち上げていただける社会福祉法人を期待したいし、行政としての取り組みも必要だと思います。
この2日間で広島県と岡山県の県庁と議会を訪れて県議会の運営などお聞きしましたが、岐阜県が定数削減など先進的なところと一問一答の一般質問など改革を進めるべきところを視察することができました。

広島 県外視察


広島県庁にて広島県警の暴力団排除の説明を受け、平和記念公園と原爆ドームを視察しました。
核兵器の脅威と戦争の悲惨さを感じながら、先日聞いた自衛官の講演を思い出しました。
戦争からは何も生まれず悲しみだけが残りますが、国防と軍事力による抑止力は外交には必要です。
核兵器の被害者である日本は反戦や核兵器廃絶を働きかけながらも、対中や対朝鮮など外交は毅然と行われなければならないと思います。

秋のイベントラッシュ


クロッケー大会の開会式、市民運動会、農業フェスティバル、国体一年前セレモニー、母校である那加中学校定期演奏会に参加させていただき、大変多忙な一日でした。
朝まで雨が残った影響で、どのイベントも役員さんは準備に大変だったと思います。
農業フェスティバルは大変盛況でしたし、国体のイベントにはバドミントンの「オグシオ」の小椋選手も参加いただいていました。
明日からは広島岡山方面へ「教育警察委員会」の県外視察の予定であり、休む間もなく活動している感じがします。

週末の雨


先週に続き今週も雨の週末になってしまいました。
各務原市で生まれた子どもの記念に行われる「生命の森 植樹」が小雨の中で行われ、多くの幼い子ども連れの家族が参加しておられました。
サークル発表会にも参加させていただきましたが、足元が悪いととどうしても観客が減るようです。
秋の週末はいろいろな行事が催されますので、秋晴れになることが皆さんの願いなのではないかと思いました。