月別アーカイブ: 2011年1月

平成23年度 県当初予算要望にかかる「知事回答」


平成23年度予算に対して県政自民クラブが要望したことに対しての知事回答及び関係部署からの説明が行われました。
岐阜県財政は今年度を含んで3年間に930億円の財源不足が見込まれており、大変厳しい回答となりました。
教育や福祉に関する予算については減少することは許されませんし、基盤整備についても将来の税源涵養効果も考えて必要です。
回答に対しての各担当からの再要望事項を取りまとめ、知事に対しての再度の要望をしました。行政改革を進めながら厳しい財政を立て直し、活力ある岐阜県を目指して提言し続けなければと感じました。

3回忌法要


父の3回忌法要をさせていただき、多数の親戚の方に参列いただきました。
寒いお寺の本堂でお経を読みながら、「亡くなって2年になるのだなぁ」月日の流れる速さを感じ入っていました。
家族みんなに「ありがとう」と言って、息を引き取った姿がついこの間のように感じます。
父と同じ県議会議員を務めていると生前の議員活動を支援者にお聞きする機会も多く、もう少し長生きしていてくれたらと感じることの多いこの頃です。

団地の急激な高齢化


緑苑団地の自治会や社協などの役員の方々主催で文化祭と餅つき大会が開催され参加させていただきました。
老若男女たくさんの方々が参加をされて盛大な会で素晴らしいことだと思います。
役員の方々から「この団地は急速に高齢化しつつあるから、もっと福祉に力を入れて欲しい」ということを切実に訴えられました。
各務原市は高度成長期に団地を中心として急激な人口増加をしており、どの団地も急激な高齢化に対応を迫られています。地域として、行政としてできることを早急に考える必要を感じます。

猟友会 新旧役員懇親会


各務原市猟友会の懇親会に参加させていただきました。
挨拶の場をいただいたので、鳥獣被害に対するご協力に対しての感謝を述べさせていただきました。
岐阜県における鳥獣被害は年々増している状況であり、各務原市においてもこの冬に40頭を超えるイノシシが捕獲されているのが現状です。
もう少し一般の方にこの実情を知ってもらうことと、高齢化しつつある猟友会に若いメンバーが増えることを期待します。

大学OB会 理事会


同志社大学の校友会岐阜支部の理事会及び懇親会に参加しました。
先輩方が多い中でご配慮をいただき、4月の統一地方選挙に向けてご挨拶をさせていただく時間をいただきました。
新聞等で対立候補者を知っている皆さんも多く「そんなに厳しい選挙戦にはならないのではないか」というお話が多く少し不安に感じました。
チャレンジャー精神でがむしゃらになって戦った初めての選挙と4年間県議会議員として活動してきた2回目の選挙では、今回の方が不安が大きいように感じます。精一杯頑張った議員生活を信じて、誇りを持って選挙に向かっていかねばと思いました。

大学生の就職難


昨今よく大学生の就職難の記事やニュースが報じられています。
厳しい経済状況を反映して新卒者の就職に影響が出ているのですが、中小企業の経営者の中には「買い手市場の今だからこそ、有能な人材を獲得するチャンス」という方もおみえになります。
若者の大手思考の考え方も就職難を引き起こしている一因だというご意見もあります。
「何のために働き、何のために勉強するのか」ということを教育現場でしっかりと指導すべき時代であると感じます。

いじめ撲滅


いじめ撲滅を目指して活動している方からご相談を受けました。
小学生の低学年のころまで泣き虫で引っ込み思案だった私には、いじめられる辛さといじめられた人の痛みが自分ごとに感じます。
最近のいじめは、昔よりもっと陰湿で心の痛みは比較にならないと思います。
いじめる子の思いやりを取り戻すことといじめられる子の積極性と勇気を培うことといった、いじめ撲滅の運動に少しでも役立てればと感じます。

街頭演説


今朝、各務原市役所前の駅前街頭演説を2時間ほどさせていただきました。
出勤及び投稿途中の方々、ご近所の方々には早朝からお騒がせをしましたが、自分の4年間の県議会議員としての活動と県政の状況を話させていただきました。
地元であり自分も高校時代は同じ駅から通っていたので、「頑張れよ」とか「ご苦労様」とお声をかけていただける方も多く、寒いなかでしたが頑張ることができました。
昨日の自由民主党大会でも感じましたが、地方議員は党からの指示で動くのではなく地元に根付いた議員の特性を生かせることが自民党の良さであると思いながら自分の政策を訴えました。これからも頑張りたいと思います。

靖国神社昇殿参拝


自民党青年部局の全国合同会議が行われたことに伴い、有志による靖国神社参拝が行われました。
女性部や党大会の参加者の方も含む150名程度の有志が、靖国神社の本殿に昇殿参拝をいたしました。
保守の考えを大切にする「自民党」の若手が増えてきていることを感じます。
悲しく虚しい戦争が二度と繰り返されることの無いように、しかしながら国歌斉唱や国旗掲揚といった愛国心と日本の国防や領土問題など外交において歴史認識を今一度しっかりとしなければならないと思います。

第78回 自由民主党大会


昨日の自由民主党青年部・青年局合同全国大会とともに、本日党大会に参加しました。
尖閣列島をはじめとする領土問題から、外交や国防、歴史教育ということが大きく取り上げられていたような気がしました。
統一地方選挙候補者アピールの場において、岐阜県連の代表として「天下分かれ目の戦場となった岐阜から自民党の風を創る、保守王国として圧勝を目指します」と宣言させていただきました。
自民党のこれからの施策及び国会の現状について色々なことを学べる機会でした。